891
③修二君に話しかける

「あの、あのね修二くん!」

私は何か言わなくちゃいけない気がして声を掛けた。
大きな声で呼ばれた修二くんは、困った顔のままで向き直る。

「あのね修二くん! 私にとって修二くんも同じだよ。代替なんてできない!」
「愛菜ちゃん?」
「修二くんは修二くんだから。一郎くんとも冬馬先輩とも違う。
さっきは怖いことされたからつい大嫌いって言ったけど、意地悪だって思ったけど、
それでもやっぱり私の大切な友達だもん!」

まくしたてる様な早口になる。
強引にキスしたりした事は許せないけど、かといって嫌いになれない。

「だからね、修二くんの代わりは誰にも出来ない。逆に一郎くんの……」
「二度振るだけじゃ足りず、わざわざ友達宣言まで。愛菜ちゃんは手厳しいなぁ」

私の言葉に被せるように、修二くんは言った。
苦笑を漏らし、壁に頭を預けている。

「わ、私はそういう意味で言ったんじゃなくて……」
「言わなくてもいいよ。愛菜ちゃんもようやく気付いたんでしょ?俺が兄貴のコピーだって事にさ」

私は何も言えずに黙り込む。
どんな言葉を掛けていいのか分からない。

「俺は俺。兄貴は兄貴。そう言いたいんだよね」

私は黙ったまま頷く。
これだけはどうしても伝えて、分かってもらいたかった。

「ずっと前から薄々気付いていたよ。だからこそ、俺は兄貴とは別の方法を選びたかったんだ。
運命に従う窮屈な生き方より自由を選びたかったし、支えていくより一緒に並んでいたかった。
だから兄貴には黙っているように言われていたけど、愛菜ちゃんに力の話をしたんだからね」

修二くんは壁に預けた頭をあげて、私を見る。

「けど愛菜ちゃんはそのせいで色々大変だったみたいだね。やっぱり迷惑だった?」

悪びれたり悔いる様子でも無く、修二くんは淡々とした口調で尋ねてきた。

①迷惑だった
②迷惑じゃない
③何も言わない

892
②迷惑じゃない

(最初はすごく途惑ったけど……)

水野先生と隆のキスから、日常の歯車が狂い出した気がする。
修二くんに言われて初めて力の存在を知り、予知夢もその一つだと分かった。
冬馬先輩や周防さん、色々な人と出会ったり不思議な夢を沢山見た。

もし知らないままだったら、私は何も出来なかったはずだ。
意味も分からず状況に巻き込まれ、組織の道具として利用されていたかもしれない。

修二くんが本当のことを言ってくれたから、今、私はここに居る。

「迷惑じゃなかったよ」
「本当に?」

修二くんは確認するように言った。
私は大きく頷いて、壁に体を預けたままの修二くんを見る。

「修二くんが力の存在を教えてくれたから、私が私で居られたんだよ。
だからね、ちっとも迷惑じゃなかったよ」

修二くんに対して、不信感が全くなくなった訳じゃない。
けど、ちゃんと話してくれたことにはとても感謝している。
だから私は、修二くんに胸を張って笑顔で答える。

「むしろすごく感謝しているんだ。言ってくれてありがとう」

私の顔を見て、修二くんは顔を歪ませて笑うと静かに目を伏せる。
壁に体を預けた修二くんの横顔が数秒間止まっていた。
そして、目を開き私を見た。

「修二くん?」
「なに、愛菜ちゃん」
「どうして目を閉じていたの?」
「目に焼き付けてた」
「何を?」
「好きで好きでたまらなかった女の子の笑顔、かな」

そう言うと、修二くんはパチンと指を鳴らした。
すると、階段をすごい勢いで上ってくる複数の足音が聞こえた。
その足音を聞いて始めて、この空間以外が無音だったと気付く。

勢いよく、ドアが開いた。

部屋に入ってきたのは……
①春樹
②隆
③チハル

893
①春樹

「姉さん!」

まず入ってきたのは春樹だった。
次に隆、続いてチハルが顔を見せる。

「春樹……隆にチハルも……」
「姉さん、大丈夫だった?」

春樹は駆け寄り、私に声を掛けた。
「うん……私は平気」
「よかった。とりあえず無事ならいいんだ」

一方、乱暴に部屋に入ってきた隆は何かを探すように部屋の中を見渡している。
そして壁際にいる修二くんを見つけ、急に怒鳴り出した。

「おい、宗像弟! お前、どういうつもりだ!」
「騒がしいなぁ。俺が何したっていうんだよ」

隆の剣幕とは対照的に、修二くんはうざったそうに隆に尋ね返している。
そんな態度に、隆は更に語気を強めて言う。

「よくも俺達を締め出しておいてっ……!」

今にも掴みかかりそうな勢いの隆を、春樹が腕をつかんで止めた。
「待ってください、隆さん」
「離せ、春樹!」
「少し俺に任せてもらえませんか」

真剣な春樹を見て、隆は少し冷静になったようだ。
「分かった」と言って頷くと、隆はチハルの手を掴んで一歩下がった。
隆に任された春樹は一歩前に出て、口を開いた。

「修二先輩、教えてください。わざわざ俺達が入れないよう結界まで張って何をしていたんですか」
「何って、契約する以外に無いと思うけど」
「少しの間二人きりにして欲しいと言われたから、俺達はこの部屋から出て行ったんです。
あれから四十分以上も経ってる。少しの間と言うには長すぎると思いますが」

やっぱり、この部屋は修二くんの結界に覆われていたようだ。
三人は修二くんに締め出され、その後入ることが出来なかったかもしれない。

「俺にとって四十分は少しなんだよ。一々目くじら立てるほどの事でもないじゃん?」
「契約するなら、俺達の前だって出来るはずです。
それなのに締め出すような真似をするから、俺達は腹を立てているんじゃないですか」
「契約させに呼んでおいて、公開契約までしろって方がよっぽと図々しいと思うけどね」
「だから俺達は契約してもらう為に部屋から出て行ったんです。
でも契約を済ませるにも四十分は長すぎます。一郎先輩の契約の時、ものの数秒でした」
「うるさいなー。色々あったんだよ」
「色々って……それじゃ俺の尋ねた答えになってない。ちゃんと答えてください」

「ねぇ、隆。愛菜ちゃんとシュウジはまだケイヤクをしていないみたいだよ」

春樹と修二くんの会話を聞いていたチハルが、隆の制服の裾を掴みながら言った。

「は? じゃあ、なんで愛菜が動けてるんだよ」
「わかんない。だけど、愛菜ちゃんが少しヘンだよ」
「それは愛菜ちゃんの体に鬼が現れたから動けているんだよ。もうタイムリミットみたいだけどね」

隆とチハルの会話に、春樹と話していたはずの修二くんが言葉を挟む。

(タイムリミット?)

そう考えた時、急に腕が重くなってくる。
そして、そのまま私の体がバランスを崩すようにベッドから落ちそうになった。

私は……
①ベッドから落ちた
②誰かに支えられた
③なんとか自分で支えた

894
②誰かに支えられた

「危ない!」

そう言って私を抱きかかえたのは春樹だった。

「春樹……あ、ありがと」
「姉さん、やっぱり無理してたんだね」

私を抱きかかえたまま、怒った顔で春樹が覗き込んでくる。
怖い顔の春樹に、私は慌てて首を横に振って言い訳をする。

「違うよ。本当にさっきまで平気だったんだから」
「またそう言って……」
「嘘じゃないよ。私の中の鬼が暴走して、急に体が動くようになったんだから」

私は修二くんに同意を求めるように視線を移す。
修二くんは壁にもたれたままの姿勢で「そうだね」とそっけなく言った。

「鬼? 愛菜の中の鬼ってどういう事だ」

話が見えないのか、眉をひそめて隆が誰とも無く問いかけてきた。
手を握られたままのチハルがそれに答える。

「あのね。愛菜ちゃんはもうほとんどオニになっちゃってるんだよ」
「なんだそりゃ……」

眉をひそめ、にわかには信じられないという隆の態度だった。
私はそんな隆に向って、声を掛ける。

「今朝の夢、隆も憶えてるでしょ。その時に光輝が感じていた鬼の気配。
それは私そのものなんだよ」
「今朝の夢って……なんで愛菜が俺の夢を知ってるんだよ……」
「それが私の鬼の力だから」

(確か守屋さんは夜見の力と言っていたっけ)

「だからさっきから色々あったって言ってんのにさ」

壁際の修二くんが春樹に一瞥してから顔を上げた。

「鬼が現れたせいで愛菜ちゃんの中に陰の気に満ちて、一時的に動けてただけ。
それももう時間切れみたいだけどね」
「さっき修二先輩が言っていたタイムリミットって……」
「そ。もうほとんど見えないから、すぐに愛菜ちゃんは会話も出来なくなるだろうね」

修二くんとは他にも色々あったし、たくさん話し合った。
強引にキスされた事に対して、まだ謝ってくれない修二くんには言いたい事もある。
けど、それをすべて二人に話してもこの場が混乱するだけかもしれない。
そんな事を考えていたら、頭の上から声が聞こえきた。

「あの、修二先輩」
「なぁに、弟くん」
「もう一度改めてお願いします。姉に……姉さんに契約をしてください」

真剣な熱意のこもった声だった。
そんな春樹に対して、修二くんは首だけを動かして反応する。

「そのつもりで結界を解いたんだし、別にいいけどさ……。
いつまでも愛菜ちゃんとくっついてるのがマジでムカつくんだよねぇ」

(……!?)

修二くんの言葉で、ずっと春樹に抱きしめられていた事に気付く。

私は……
①逃げようとした
②恥ずかしくなった
③びっくりした

895
③叫んだ

「「……あっ!」」

私と春樹は同時に声を上げた。

「あの…姉さん…ごめん……」

なぜか謝りながら、春樹はベッドに私を寝かせてくれた。

「う、ううん。私こそごめんね……」

私もぎこちない返事をする事しか出来なかった。
(今まで通りにしていればいいだけなのに、上手くいかないよ)

そんな私達を見ていた隆が、仕方なそうに大きなため息をつく。

「愛菜を元に戻さないことには始まるものも始まらないか」
「ねぇねぇ、なにがはじまるの?」
「チハルには早い話だよ」

そうチハルに言うと、今度は修二くんに顔を向ける。

「宗像弟。契約って言ってるけど、どういうものか知ってるのかよ」
「もちろん」
「で、どうやるんだ? そういやさっき春樹はすぐ終わるものだって言ってたな」
「神器が巫女に誓いの宣言して、キスするだけだよ」
「キ、キスかよ……」
「それに俺ですべての神器が揃うわけだから、きっと何か起きるはずだよ」
「何か起きる? 何かって宗像弟にもわかんないのか?」
「詳しい事まで知らない。兄貴と違って記憶もないし」
「そんな適当なのでいいのかよ」
「別に。どうなるか分かんないくらいの方が面白いじゃん」

隆と修二くんの会話を聞いていた春樹が、下を向いて考えているのに気付いた。
その顔はどこか浮かないものだった。

「春樹?」
「あっ、姉さん……」
「どうしたの? そんな顔して」
「姉さん。兄さんが神器を揃えていた目的って憶えてる?」

えっと……
①鬼が治めていた国の再興のため
②壱与を復活させる事
③忘れた

896
①鬼が治めていた国の再興のため

「たしか、鬼の国を復活させたかったんだよね」

(『永きに渡る高村の悲願、国の再興を果たす』そう秋人さんは言ってた)

「うん。だから兄さんは勾玉を探してたんだ」

結局、勾玉は香織ちゃんですごくびっくりした。
ちゃっかり勾玉に関する記憶の封印まで施していたなんて、さすが香織ちゃんだ。

「今はすべての神器が揃っているって事は……」
「もし修二先輩と契約したら、兄さん……いや、高村一族が昔からずっと求めていた状況と同じになるんだ」
「鬼の巫女が神器をすべて揃え終えるって事だね」

春樹は私の言葉を聞いて、ゆっくりと頷く。
すると突然、私と春樹の話に隆が割り込んできた。

「愛菜も春樹もちょっと待てって!」
「隆?」
「神器や神宝の存在は分かる。だがお前が鬼になったって……一体なんなんだ!?」
「あのね、隆。以前、修二くんが『情報へとつながるカギ』だと教えてくれたことがあったのを憶えてる?」
「ああ、そういえばそんな話もあったな」
「修二くんが最初に教えてくれた通り、神器って、私の中に眠る鬼の情報を解くカギだったんだよ」
「鬼の情報?」

隆は確認するように尋ねてくる。
問いに「うん」と頷いた私を見て、隆は大きく首を振った。

「じゃあ、なんだ。愛菜の言うように神器がカギなら、御門ってヤツが契約した時に力が発現しなかったんだ!?」

そんな隆を見て、修二くんが呆れたように鼻を鳴らした。

「物分りが悪いなぁ、湯野宮は。愛菜ちゃんはね、子供の頃に自ら力を封印していたのさ。つまり二重の封印が成されていたんだよ」
「結果的に姉さんは、自分自身で力を押さえ込んでいたんです」
「そんなっ。だが俺には今も愛菜は愛菜にしか見えない。鬼だなんてとても思えない」

どうしても納得いかない口ぶりで隆は訴えた。
隆と私が同じ夢を見ただけでは、当然納得できないだろう。

「そう思っているのはもう湯野宮くらいでしょ」
「どういう事だ」
「俺の目で見ても、神宝の弟くんや精霊が感じている気配も、そして愛菜ちゃん自身が一番自覚している事さ」

修二くんがいうように、私自身にもはっきり自覚できた。
ただ今は神宝の器となってしまったことで、上手く力が出せないだけだ。

「隆、私だって認めたくないよ」
「愛菜……」
「こんなの私には過ぎた力だもん」

(身の丈以上の力だと思う。けど……)

「けどね、よく考えてみたらいい事だってあるんだよ。
守られてるばっかりだから辛いって……大声で泣かなくてもいいもんね」

そう言って私は……
①隆に向って微笑む
②力を示す
③おどける

897
②力を示す

「春樹。悪いけど電気を消してもらってもいいかな?」
「いいけど、どうしたの?」
「ちょっと試したいことがあるんだ」
「うん。わかった」

隆に分かってもらうには見せるのが、一番早いかもしれない。
今の私に出来るか分からないけれど、目を閉じ意識を集中する。

(出るかな)

瞼を閉じていても部屋の明かりが消えたのが分かった。
みんなも何が起きるのか見守るように、誰も何も言葉を発しない。

(よしっ、いける)

私は目を開け、天井に向かって重い腕を伸ばす。
すると私の人差し指の先に、青白い炎がぼんやりと浮かんだ。

「なんだ……!?」

隆は目の前で私が炎を出したことに驚いたのか、大きな声を上げた。

「これは……鬼火! そうだよね、姉さん?」
「うん」
「何なんだよ、春樹。鬼火って?」
「鬼の眷属でも王家の者だけが扱える最高位の火術です。そうか、姉さんは力をここまで……」
「不安定な今の私には、こんな小さいのを出すのが精一杯だけどね」
「すごくキラキラだぁ。ねえ愛菜ちゃん、さわってもいい?」

青白く揺れる炎に興味があるのか、チハルは私の出した炎に触れようとした。

「絶対に触っちゃ駄目だよ、チハル」
「どうして? 愛菜ちゃんのオニビ、こんなにキレイなのに……」
「綺麗なのは見た目だけで、本当はすごく怖いものなんだよ」
「怖いの? ボクにはわからないよ」

どうしても触ってみたいのか、チハルの不満そうな顔が淡い明かりに照らされている。

私は……
①駄目だという
②春樹を見る
③隆を見る
④修二くんを見る

898
④修二くんを見る

「触ってみれば? ただし、この世から消えちゃうだろうけど」

声のした方へ振り向くと、壁際の修二くんがつまらない冗談でも言うように呟いていた。
それを聞いた隆が眉をひそめる。

「どういう事だよ、宗像弟」
「その鬼火にはそれだけの力があるって事さ」
「こんな小さい炎で、チハルが消滅でもするっていいたいのかよ」
「精霊だけじゃないよ。ここに居る全員、無事じゃ済まないだろうね」
「そんな馬鹿な事……」
「俺が信用できないなら、湯野宮も試してみればいいじゃん?」

(もうっ二人とも!)

「修二くん! 冗談でもそんなこと言わないで」
「…………愛菜ちゃん」

私は修二くんを戒めると、今度は隆を見る。

「この炎はね、魂を焼き尽くして転生すら出来なくしてしまうの。これで分ったでしょ? 隆の知ってる私とは、もう違うんだよ」
「愛菜、お前……」
「こんな恐ろしい力を得ても、私はやっぱり誰も傷つけたくない。ずっとみんなと一緒に居たいよ」
「姉さん……」
「お願い、修二くん。何が起きても後悔しない。私と契約して!」

最後の契約をしたら、何が起きるかわからない。
けど私は私の居場所を守るためだったら、どんな事でもする。
ただのわがままだと分っているけど、これだけは譲りたくない。

私は指先に浮かんだ青白い炎を、力を込めて握り締めた。
小さな業火は私の手の中でしばらく暴れると、飛び散る様に消えて無くなった。
手の平の皮膚が焼け焦げ、嫌な匂いする。
消す方法がこれしかないとはいえ、火傷を負った手の平がジンジンと痛んだ。

「みんなと一緒、か。相変わらずの綺麗事だね」

修二くんの冷めた声がして、部屋がパッと明るくなった。
壁際のスイッチからを手を離し、一歩一歩確かめるような足取りで私に近づいてくる。

「さっき二人きりの時にも言ったけどさ、みんなで仲良くなんて無理だよね?」
「修二くんは最初から諦めているだけだよ。どんな形でも、私は出来るって信じてる」
「誰も傷つけたくないって愛菜ちゃんは言ったけど、それで済むはずないじゃん」
「傷つけずに済むとは私も思ってない。けど、傷つけあったとしても、すれ違ったとしても、諦めなければいつか分かり合えるはずだよ」

修二くんはベッドの脇に立って、最初に目覚めた時と同じように覗き込む。

「ホント、俺はそういう綺麗事が大嫌いなんだ」
「……修二くん」
「俺には、愛菜ちゃの言葉が全部が欺瞞に聞こえるよ」
「欺瞞? 私が修二くんを騙してるって言いたいの!?」
「だってそうでしょ。愛菜ちゃんは分かり合えるって言うけど、俺と兄貴みたいな限りなく近い存在だってこんなにも遠いんだよ」
「それは……」

確かに、一郎くんと修二くんの今の関係は水と油のようだ。
そう思うと、修二くんの言葉に反論できずに私は言いよどんでしまう。

「だからさ、口先だけじゃなくはっきり俺に見せてよ」
「何を……。修二くんに一体何を見せるの?」

言葉の意味を考えながら、修二くんの顔を見る。
すると、修二くんの覗き込んでくる瞳はもう冷たく暗い色ではなかった。

「未来。愛菜ちゃんの望む未来を見せて」
「私の望む、未来……」
「綺麗事にしか聞こえないその未来を見せてくれるなら、俺は喜んで道具になるよ」

修二くんの言いたい事が全部理解できた訳じゃない。
だけど、私は試されているのは分かる。

私は……
①頷く
②意味が分からないという
③反論する

899
①頷く

よく考えれば、何度と無く私は修二くんに試されてきた。
きっとこれは最後の問いだ。

「わかったよ。私、修二くんをがっかりさせないようにするから」
「それ、すごく難しいの分かってるよね?」
「うん、知ってる。だからこそ、私に協力して欲しいんだ」

今までの私は利用と協力を履き違えていたのだ。
修二くんに襲われかけて怖い思いをしたし、考え方が理解できずにたくさん話し合った。
そして協力も、一方通行では利用と何も変わらないとようやく気付いた。

どんな事より、道具になる事を嫌っている修二くん。
一度は協力できないと、修二くんにはっきり言われた。
仲間なのにどうして協力してくれないのかと悲しくなった。
あの時の私は仲間という言葉に甘えて、修二くんの気持ちを無視していたのだ。

「あともう一つ。愛菜ちゃんは真面目すぎるんだよね。今みたいに欲しいものは欲しいって……はっきり言ってる方がずっと魅力的だよ」
「えっ、そうなのかな……」
「女の子はわがままなくらいで丁度いいんだ。モテモテな俺が言うんだから間違いないよ。これも絶対に守ってよ、分かった?」
「う、うん」
「オッケ。堅物は兄貴だけで十分なんだからさ」

そう言うと、修二くんは私の火傷した手を取り、傍らに跪く。

「過去の契約を破棄し、わが主を大堂愛菜と定める」
「……!!」

いきなりの契約に、私は声も出ない。
それでも構わず、修二くんは宣言を止めようとはしなかった。

「八咫鏡の半身として、尊き願いの為に、この身を捧げる。
そして、知恵と力を貴女のために振るうことを誓う」

懐かしいような、暖かいような不思議な感覚が失われていく。

「主たる君の望みのままに……」

右の手の平、一郎くんが契約した反対側に修二くんの唇が当たる。
新たな強い力が入り込んでくると同時に、火傷が癒えていくのが分かった。

(これも修二くんず与えてくれた契約の力だよね)

ドクン!
突然、私の鼓動が強く波打った。

ドクン……!

めまいが起きて、強い吐き気がした。

ドクン……!

体が熱く、息ができない。

私は……
①気を失う
②勝手に話しだす
③体が宙に浮く

900
①気を失う

あれからどれくらい時間が経ったのだろう。
とても長く、辛い夢を見ていた気がする。

窓から降り注ぐ眩しい朝日に、私は目を細めた。

(うーーん。またカーテン閉め忘れてたよ……)

「ニャー」
私が起きてきたのを見計らって、飼い猫のミケが顔を覗かせる。

「おはよう、ミケ。また一階へ降りられなくなったの?」
その言葉を待っていたかのように、ミケがひょこひょこと近寄ってきた。

「ミケは足が悪いんだから二階に来ちゃだめよ。さ、一緒に降りよう」
私は急いで制服に着替え終わると、ミケを抱きかかえながら階段を降りていく。

「お母さん、おはよう」

キッチンで朝食を作っているお母さんに向かって、私は声をかけた。

「おはよう愛菜。土曜の朝なのに制服だなんて珍しいわね」
「文化祭の準備なんだ。それよりお父さんは? もう出かけたの?」
「ええ、朝一でゴルフよ。ほら、千春。テレビばっかり見てないで早く食べちゃいなさい」

お母さんの声につられてダイニングテーブルを見ると、弟の千春が食事の手を止めてテレビを真剣にみていた。
テレビに映っていたのは、千春の好きな子供向けの戦隊ヒーローだ。
私はリモコンを取って、チャンネルを変える。

「あっ!」
「早く食べちゃいなさい。スイミングスクールに遅れるわよ」
「今いい所だったんだのに。なんで変えるんだよぉ」
「千春がテレビばっかり見て、全然手を動かさないからよ」
「ねぇちゃんずるい! リモコン返せってば」
「嫌です。ねぇお母さん、食パンまだ残ってたっけ? ご飯よりパンがいいな」

口ばっかり達者になった小学校四年生の弟をあしらって、お母さんに話しかける。
ミケを床に置き、チャンネルを変えろと言い張る千春の隣に座った。

どうしようかな?
①お母さんに話しかける
②千春に話しかける
③家を出る

|