※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エロ本をモチーフにしているRPG




【走れ!エロス】


このゲームの主人公は、
『エロス』という青年です。
母親に捨てられたエロ本を
助けに行くという一大超スペクタクル物語です。

主人公・『エロス』は、
友人(エロ本)を助けることが出来るのか?
あまりにも超絶的な展開に目が離せない!


最終ステージ:ゴミ捨て場

中ボス:ゴミ収集人

ラスボス:母親


【エロ本クエスト】


主人公は思春期真っ盛りの少年。
ある日エロ本が見たくなり、本屋を目指して旅立つ。
自分の村の本屋へ行くが、そこには地元の知り合いがいっぱいで
恥ずかしくてエロ本が買えません。

そこで知人のいない遠くの村を目指す主人公。
道中モンスターが出るので入念に準備していざ出発。
隣村にたどり着くが本屋は閉まっている。
なんでも本屋の娘がさらわれたのだとか。
娘の命が惜しくば古文書をよこしなさいと
悪者の弁だがただの複線なのでどうでもいい。
近くの洞窟に潜りボスを倒し娘を奪還するも、
その武勇ですっかり有名人に。
恥ずかしくてエロ本が買えません。

自分の村に戻ると、
今度は遠く離れた王都を目指そうと決める主人公。
一人で旅に出ようという息子に感涙する父は
幾多の武勇伝を残した元すごい冒険家。
たまたまやってきた隣村の本屋の娘が案内役をつとめ、いざ出発。
道中、本屋さんがあるけど
娘が余所の本屋はどんなものかとジロジロ見ながら居座るので
恥ずかしくてエロ本が買えません。

王都についた二人。
主人公は夜中にこっそり宿屋を抜け出し本屋を目指すが
女をさらい闇夜に紛れて逃げようとする悪者とバッタリ遭遇、
戦闘、勝利、女救出。
さあ本屋に入ろうと思ったら、
騒ぎを聞きつけなんだなんだとひとが集まってくる。
恥ずかしくてエロ本を買えません。

女はなんとこの国のお姫様。
お礼をしたいとお城に招かれ、一緒にお食事。
王に望みの褒美をやろうと言われて最初に思いつくのはエロ本だが
恥ずかしくてエロ本くださいなんて言えません。

姫救出の武勇を買われ、若輩ながら騎士の称号を賜った主人公。
けっこうな給金と家を手に入れ有名人となったが心満たされぬ主人公。
もうこの国では恥ずかしくてエロ本買えません。

戦争中の隣国への出兵についていくことを決心した主人公。
道中いくつか本屋があるけど護衛兵の目がキラリ。
恥ずかしくてエロ本が買えません。

戦場にたどり着くと、なにやら物騒な噂が。
敵軍の兵士がまるで悪魔のような・・・。
|