※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法理論




【魔術と法術】


「魔法」の二文字を分解して「魔術」と「法術」で分ける。
前者は殺傷力のある呪文。
後者は物理現象を発生させる呪文。

回復系は前者に分類。
精神力を対象に送り込むことで傷の治療をする。
逆にその力で相手を殺傷させることも可能。

ちなみに法術は、いわゆるファイアだのブリザドなどの
分かりやすい属性攻撃なので
どこから力を借りるかは作り手の自由で。



【リスクの伴う精霊との契約】


魔法は各地の精霊と契約して魔法が使えるようになる。
ただし契約には精霊ごとにペナルティが付く。

水の精霊なら回復魔法が使えるようになるかわりに、
契約度に応じて自身の傷の治りが悪くなるとか。

火の精霊なら攻撃力の高い呪文が使える代わりに
本人の力がどんどん低下していくとか。

各地にそれぞれ精霊と
限界まで契約しなければならない一族とかが居たりすれば
イベントのネタにもなる。

闇の精霊と契約していて
出てくる度にどんどんおぞましい姿になっていく
暗黒騎士とかも良いな。


【世界の設計図にアクセス】


中世風味の世界。
魔法は神がつくった世界の設計図に手を加えることで、
局地的な温度変化やら重力変化やらを発生させて色々できます。

世界の設計図は3Dモデルのワイヤーフレームみたいなノリで
いつも僕らがいる空間の薄皮一枚裏側にあり、
特定の図形(魔方陣)や
言葉(言霊)に魔力を乗せることでアクセスできます。

人間は世界の構造を完全に理解しているわけではないので、
基本的には魔法を使用すると世界に矛盾が生じます。
でも世界には自浄作用があって、
突風や温暖化なんかの現象となって修正されます。

大きな魔法ほど自浄にも大きな力がかけられ、
地震や竜巻、津波なんかになったりもします。

魔法は魔法協会に研究され管理され、
系統ごとに公式化され、店で売られていたりします。

魔法協会の公式魔法は
世界の矛盾の発生を予防する魔方陣が
セットになってたりして安全です。
魔法使いとか免許制で
勝手に使ったり作ったりすると犯罪です。

で悪者が禁呪に手を出したり、
自浄作用がモンスターの姿で人間襲ったり
神様が怒って人間粛清しようとしたりと
広がり方はありがち。


【精霊に祈願】


万物に魂が宿り、多くの精霊がいる世界。
で、たまーにその精霊と意志疎通できる奴がいて、
彼らは精霊達に頼みごとをすることによって
魔法みたいなことができる。

例えば火の攻撃呪文なら
「ちょっとあいつ焼いてきて」とかそんなん。

何で精霊が言うこと聞いてくれるのかってのは人による。
契約してるだとか駄賃として精吸わせてるだとか
単純にもっそい仲がいいとか。


【可能性の波動に干渉】


「魔法」とは術者の精神力に依存する形で
量子論的な「可能性の波動」に干渉すること。

精神を集中する能力に長けた者ほど
古典物理学から離れた事象を引き起こせる。

例えば、ライター程度の火を起こすのなら
修行中の見習いでも修得できる魔法である。
が、地面に断層を作ったり重力を反転させるなどの「大魔法」は、
それが起きる未来だけを意識内に思い描かねばならない。
雑念があれば失敗するし、理性が戻って来ず廃人と化す危険も。

そうした現象を起こすエネルギーは
「時の流れ」から得られている。
時の速さは即ち不変の光速であり、
この世界では
一秒ごとに全宇宙の質量が秒速30万kmで移動した際の
運動エネルギーに相当する。

エネルギーが蓄積されていく。
そして、その巨大なエネルギーは
やがて宇宙の寿命が尽きる時まで
光の速さで宇宙が翔け続けるために
永劫の時の連鎖を循環している。
が、この力を魔法として乱用する事により
時間の流れが遅くなり始める。

やがて時の流れが止まり、
宇宙がその歩みを止めた時、
世界の全ては無に還ってしまう。
主人公はその事を精霊(っぽいもの)から教えられ、
世界から魔法を消し去る旅に出る。


【世界創造言語ルーン文字】


神は世界を作る時、
ルーン文字という言語を使って世界の法則をプログラムした。

そこで術者は、
この世界を書き留めているソースに精神的に干渉して
ルーン文字のプログラムの詠唱して書き換える事により、
一時的に世界の理を歪め、
さまざまな魔術を使用することが出来る。


【魔法は催眠術】


魔法とは強力な催眠術である。
使用者は自己、あるいは他者、
あるいは世界そのものに虚偽の現実を認識させ、
そのまま虚偽と現実を入れ替える。

詠唱や魔方陣は空間に
「思い込みやすくするためのデバイス」
を敷くためのものでしかなく、
上級者なら一瞬で強制催眠状態に移行できるため
詠唱や魔方陣は必要ない。

催眠とはいえ現実として
その場の全ての人物、動物、有機物、無機物が認識している以上、
炎が巻き起こり森が焼失した、
と万象に認識されれば
たとえ「現実には」森は顕在でも森は焼け落ちたとされ、
無くなった腕が再生した、と万象に認識されれば
現実には存在しない腕で剣を握る事もできる。

よって、この「思い込み」を剥した世界は
どうなっているのか誰にもわからない。
そしてその「思い込み」フィルタを通して
現実を見てしまう眼をもってしまったら…


【エーテル→マナ→魔法】


エーテル

世界に満ちる『チカラ』。
無機的。
人間はそのままでは(意図的には)扱えない。
機械などは直接運動エネルギーに変換可能。

マナ

生命は酸素を吸収し消費する『呼吸』と同様に
世界に満ちる力、エーテルを吸収し消費することで
『生命』として存在できる。
マナはその代謝の余剰であり、副産物である『チカラ』。

魔法

マナに変換されたエーテルにより起こされる
様々な事象のこと。

魔印

マナエネルギーは一定の回路を通すと、
エーテルを巻き込み増幅する。
その回路を人間の体等に紋様として施したもの。

マナとは別系統のチカラ。
『オグ』とも呼ばれ、
このチカラこそが意識の構造を解き明かす
という魔学者もいる。
|