※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公や敵に魔女が出てくるRPG




【逃亡の魔女】


魔女族。
それは一族全てが女魔導師によって構成された一族である。

男が生まれた場合魔女族は
性転換の術によって無理矢理女にする。

ではどうやって子孫を繁栄させるのか?
それは儀式によって地獄から悪魔を呼び出し
悪魔と交わるのである。
その結果、うまれた子は半人半魔の魔人となる。
それが魔女族の秘儀、魔人受胎の儀式である

魔女族はその強力な魔力によって
数は少ないながらも独立を維持してきたのだった。
だが魔女族の少女セラ(14才)は
悪魔と交わることを拒み、親友のララとミフネとともに
村をとびだしたの だった。

魔女族の掟では許可なく村を出たものには
刺客によって処刑されることになる。
はたしてセラ達は自由を手にいれられるのか?


【主人公は異端審問官】


辺境奥深くの村。
人はそこを『魔女の村』と呼ぶ。

異端審問官の主人公は、
妻と共に新任の神父としてそこへ赴任する事になる。
これまで幾つかの魔女狩りに関わって来たが、
本物の魔女等出会った事は無く、
存在するかどうかも疑わしい。
今回も、おおよそ隠れて異教を信仰しているという所だろう。
不安はなかった。
しかしその時の彼はまだ知らない。
村人が全員「本物の魔女」である事を…

魔女は単体でも強力。
連携をとらせ無い様にタイミングと派閥が重要になる。
集団から孤立してる者から倒す事になる。
主人公のステータスは、アイテムを手に入れる事で強化され、
また教会等の建物の持つ力に拠っても変動する。


【魔女育成】


龍に呪いをかけられた主人公。
主人公は呪いを解くべく、
呪いを解く事ができるという『魔女』がいる村を訪ねるが
村は何者かに破壊されていて、
生存者は自分より年下の見習い魔女のみ。

見習い魔女は村の人達の仇を討つため、
主人公は見習い魔女が呪いを解けるぐらいの魔女になるまで
仇討ちを手伝うはめになった。
|