※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホラー・サスペンス系ストーリーのRPG




【父と日記と拷問と】

ある日、ひとりの老人が死んだ。
主人公はその老人の息子。
主人公が老人の遺品の整理をしているとそこから、何かに関する記録が出て来た。
それは拷問されている人の記録。
何日間生存出来たか?
どんな感情を抱いていたか?
など様々な事が記録されていた。
さらにそれは老人が死ぬ直前の日までつづられていた。
戸惑う主人公。
しかしタチの悪い冗談だと思い、それらを忘れる事にした。
ところが数日後、例の記録が老人宛てに、差出人不明で主人公の元に届いた。
いったい親父は何をしていたのか?
わずかな手掛かりを元に主人公は、記録の差出人と、親父の過去を探そうとする。
(スレ4より)


【恐怖のサンタクロース】


子供の楽園、おもちゃ屋の店長トム
その裏の顔は恐怖をプレゼントする血のサンタクロース。
夢を売り捌いた金で武器を買い集めろ。


【ゾンビクエスト】


主人公はゴロツキに殺された浮浪者。
通りすがりのネクロマンサーが
気まぐれに秘術を使い蘇った。
が、不完全な術ゆえ寿命は残り240時間。
完全な復活術を求めて旅に出る。

敵を倒す=寿命を奪う。

モノを買う=「アイテムのなる樹」の根元で、
選んだアイテムが実るまで待つ。

お金=持たない。

寿命の減り方=場所移動すると減る。

0になると=死神とバトル(倒せるが激強い)
勝つとエンディング


【人体実験病棟】


主人公は王国病院で働く医者。
ある日、主人公は奇怪な幽霊に襲われる。
それは半人半獣の幽霊。
幽霊に襲われる最中、主人公は除霊の力に目醒める。

除霊活動をする中、主人公は衝撃の事実を知る。
それは、院長による人体実験。
人を獣とする実験だった。

…次の日、自分の前に現れた幽霊。
それは昨日、実験体となっていた人の姿だった。
そして主人公は院長の凶行を阻止するべく、密かに行動を開始する。

医者として、人として主人公は決意する。
院長…あなたを許さない。


【奇病究明】


人が獣化し、人を襲うという奇病が発生。
原因を探るべく、国と病院は調査を開始した。

国は混乱を避ける為、その奇病の事を世間に発表せず、
通常の魔物退治として処理した。
病院も関係者以外には極秘とし、院内の医者にすら秘密とされた。

主人公はその病院の院長であり、奇病解明の為のリーダー。

奇病患者は病が進行し、獣化に至ると、人に襲い掛かる。
奇病患者の遺体は、死後数時間経つと灰の様に消え去ってしまう。

つまり患者を生かしたまま、手術をすると暴れ、
殺してから遺体を解剖するには、十分な時間が足りない。
…調査は難航した。

ある日、死んだばかりの奇病患者の遺体を解剖中、
半人半獣の幽霊が現れる。
暴れるその幽霊の姿は、間違い無く患者の姿だった。
その幽霊は、間もなく駆け付けた王国の魔術師達に退治される。
幽霊が消えると同時に、患者の遺体も灰の様になっていった。

この事件により、幽霊と奇病患者の関係が明らかとなる。
幽霊が除霊されると、奇病患者の遺体が灰となることが判明したのだ。

この事は、一つの事実を浮かび上がらせた。
何物かが除霊を行っているということを。

その者は協力者なのか…
それとも、遺体を保存させない様にする為の妨害者なのか…。
悩む主人公に答える様に、次の日から、様々な妨害が起きる様になる。
|