※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公が拳闘士・剣闘士のRPG




【主人公が拳闘士】

主人公と友人は拳奴という設定。
負けしらずの主人公であったが
ある時、いわゆるライバルが出てきて
コテンパンにやられる。

友人を誘いライバルがいる養成所に入り、鍛える。
そして模擬戦でライバルをぶちのめす。

模擬戦でなく試合をしたいと養成所を辞める。
ラストバトルは友人との試合。


【落日の老剣士】

ストーリー

コロッセオを舞台にした老剣士の話
若い頃、剣奴として血まみれの生活…
それが彼の生業だった。
そして無敗を築いた剣聖…

だが―沈まぬ太陽がないように、衰えぬ肉体もない。

そして、貴族の娯楽とされていた剣闘技が、
今、王国主催剣闘大会が開かれる…
肉体の限界に挑み、勝ち続けるのだ!

追加アイデア①

単にコロッセオで戦うだけでなくて、
コロッセオの外に町やダンジョンなどを置いて
そこで武器防具アイテム調達や
レベル上げ等ができるようにするとどうでしょ?

コロッセオは一戦ごとに続けるか休憩するか選べて
一旦コロッセオで倒した敵はそこでは出なくて段々敵が強くなっていく。

あるいは同じような敵とひたすら戦い続けるステージも面白いかも
(ドラゴン族のみや魔法使い系のみ出てくるステージなど)。

主人公のタイプを戦士系だけでなく
魔法使い系などの様々なタイプにすると、
魔法が使えないステージや
物理攻撃のききにくいステージなども作れるし。

もちろんコロッセオでの成績で
より良いアイテムも入手できたりする。
ラスボスは決勝戦。

これなら外部で準備整えてから戦うもよし、
ひたすら勝ち抜きまくる遊び方もできるから
結構楽しめるんじゃないだろうか?
主人公は一人で考えてるけど
複数の方がストーリー的に面白いのかな?

追加アイデア②

ボクシング映画「ロッキー」のように、
かつての英雄がブランクにより、肉体も弛み、
弱くなってしまったが、
あるきっかけ(これは物語の核となる部分なので、練りまくろう)
例えば、生き別れになっていた息子と再開できたが、
孫が死の病にかかっていて、
治療に莫大な金がかかるのを知る。
そこでおじいちゃんが、
むちゃくちゃな鍛錬でかつての技を取り戻し、
命がけで剣術大会にのぞむ・・・。


選べる主人公タイプ

盗賊♀:コロッセオの宝物を狙う賞金首。
     主人公に選ばなかった場合、コイツを倒すと賞金が出る。

武道家♂:貧しい村を救うために参戦。戦いはあまり好まない。
       傭兵のアルバイトも可能。

魔導師♂:魔法に関して天才的な少年。腕試しに参戦。
       使える魔法はDQ3の魔法使いの範囲くらい。

僧侶♀:生き別れた家族を探すために参加。戦いはあまり好まない。
      使える魔法はDQ3の僧侶の範囲くらい。

ドラゴン:剣闘士と戦わせるために檻につながれていたがシナリオ進めると脱出。
      町で買い物とかできない。人間に話しかけると人間逃走or戦闘。
|