※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PLEX PX-W3PE まとめ@2ちゃん




3波対応
地上デジタル放送 2チューナー BS/CS 2チューナー
B-CASカードリーダ内蔵 分配機搭載 ロープロファイル対応
4チャンネル同時視聴、録画可
PCI Express接続

製品画像 (※上部が前期パッケージ、下部が後期パッケージ)


公式画像
Rev.1.3(※2011年4月28日更新)
Image01
Image02

Rev1.2b
Image01
Image02

有志による高精細画像(※Rev1.2b)
http://www1.axfc.net/uploader/C/so/129434

■発売されている製品のバージョン
 現在までに、Rev1.2とRev1.3のPX-W3PEが発売されています(2012年4月21日現在)
 また、Rev1.3にもシリアルナンバーでの違いがあると報告されています。Rev1.3初期がPEBで、その次のロットのPECは改良されている?

 シリアルナンバーは、以下の部分に表示されており、Rev1.2ではPEAから始まり、Rev1.3ではPEBまたはPECから始まっています。
 ・基板表側 カードリーダー部のバーコード下部のシリアルナンバー
 ・基板裏側 基板端のバーコード下部のシリアルナンバー
 ※外箱だけでなく、PX-W3PE本体の表示を確認してください。


■公式画像からわかるRev1.2bとRev1.3の違い。追加されたものと場所を大まかに説明。
※背面基板左下のほうにRev1.3ならPX-W3PE V1.3と印刷されています。
◆カードリーダのある側
コンデンサ Rev1.3で1つ追加 ISDB-T入力端子の右側のところTP33と書いてあるあたり
水晶振動子 Rev1.3で1つ追加 ISDB-S入力端子の右側の白枠線右側Y2と書いてあるあたり。
C337C338 Rev1.3で追加   水晶振動子の横

◆背面
小さな抵抗ひとつ(C359) Rev1.2bあり Rev1.3なし 下の緑の出っ張りのまっすぐ上。


※注意事項
※wikiの解説はスレ住人の有志によるものです。wikiは誰でも自由に編集でき、改ざんが容易なため、内容が常に正確であるとは保証できません。
知識のない者による編集や荒らしによる編集が行われた場合など、内容が間違っている場合があります。
このようなwikiの性質を理解した上で、自己責任のもとご利用下さい。